今日は二七日。悲しいのではなく、寂しいよ。

2011年10月15日 21:52



皆様。たくさんのコメントをありがとうございます。

コメントを読みながら、やっぱり涙したり、癒されたり、また涙したりの日々です。
お礼訪問に伺います!と、元気良く宣言したものの…
実際には、まだ ほとんど訪問できておりません。。
申し訳ございません。
地味に訪問していっておりますので、もう少しお待ちになっていてくださいね。

☆☆☆

ニャン太郎くんを荼毘にふして7日。。今日はもう二七日です。

2011101015n1.jpg

相変わらず、ランタス(インスリン)タイムのアラーム音は消すことが出来なくて、

朝8:55。夜20:55。になると、アラーム音が鳴っています。

一日の全てが、ニャン太郎くんを中心に動いていたので

とてつもない物足りなさに襲われてしまうと、一気に涙が噴き出してきます。

2011101015n2.jpg

毎週7リットルの猫砂を2袋も買っていたのが、

もう毎週買わなくてもよくなってしまった。


留守にできる時間は最長5時間まで。

だってニャン太郎くんたら、違う入れ物のお水は飲まなくて、

お水の入れ物を空っぽにしちゃうんですもの。

だから、出かけるとお水が気になって、落ち着かなかった。。


ニャン太郎くんが心配で、遠出なんてしない。

2年半も地元に帰らなかった。

でももう、猫砂もお水も外出も注射も、気にしない、普通の生活になってしまった。

その普通の生活に戻ってしまったことが、とにかく寂しくて仕方ないです…。

2011101015n3.jpg

名前を口にするだけで、涙が溢れる時もあります。

お写真を、まっすぐに見れない時もあります。

2011101015n4.jpg

でも、やっぱり、可愛かったニャン太郎くんを思い出して、笑ってる自分もいます。

ニャン太郎くんと過ごしたこの12年間は最高に幸せだった。

頬ずりするといつも嬉しそうに喉をゴロゴロ鳴らしてくれて…

夫婦喧嘩をしてると、「うるさい!」と、一喝されたこともありました。

ニャン太郎くんがいなければ、今の自分は無いのです。

私の母は、

「お前のために、随分と頑張って長生きしてくれたね。本当にイイ子。」

と、言ってくれた。

そう。本当にイイ子でした…。

いつも私の傍にいてくれた。悲しい時も、辛い時も、嬉しい時も、小踊りした時も。

これからは、ニャン太郎くんの魂と寄り添う…。

肉体が無いのは本当に苦しいです。

ナデナデしたくて、ギュっとしたくて、キスしたい。

2011101015n5.jpg

でも…少しづつ。少しづつ。心は癒えていってます。

ニャン太郎くんのいない生活に、まだ慣れていないけど、

間違いなく、元気になってる自分もいます。

2011101015n6.jpg

ニャン太郎くんの祭壇も 少しだけ 様変わり。

手前の白猫さんは、香炉です。

デカイですよね~。(≧∀≦)

一気に10本位 お線香を立てられそうな感じです。(立てませんが…笑)


皆様、温かく見守っていてくださり 

本当に、ありがとうございます。

後、もう少しだけ 待っていてくださいね。

☆☆☆

カオル子とヒカル子の様子ですが…

元気があるような感じではありません。

特に、カオル子は、本当に消沈してしまっているようで、

いつもはインターホンが鳴ればダッシュで逃げて行きますが、逃げて行く元気もない感じで…

ただ、ひたすら 涙を流しながら寝ています。

今日に至っては、ゲフッゲフッと、何やら むせていたり…orz

ごはんを なんとか食べてくれているのが救い。

きっと、アタシの元気が無いのも、

カオル子を余計に寂しくさせてしまっているかもしれません。

カオル子のためにも、早く元気にならなければ…

こんな調子が続くようなら、病院に連れて行かなくちゃね。

ヒカル子も、おもちゃを出しても、反応が鈍くて…。

ものすごく甘えんぼちゃんになってます。

甘えんぼしにきたら、とことん甘えさせてあげてます。

みんな、寂しい気持ちは同じですものね。

大丈夫大丈夫大丈夫。

明日は今日よりも元気。

明後日は明日よりも元気。

焦らず、一歩一歩。

★★★

応援してね。

人気ブログランキングへ

いつも、ありがとうございます。
 
*************************************************************************

ただいま、コメントのお返事はお休みしております。

ですが、皆様から頂くコメントは、楽しく拝見させてもらってます!

お気軽にコメントを残してくださると嬉しいです。




コメント

  1. ☆彡 | URL | BrGz3a7M

    カオル子ちゃん心配ですね
    ヒカル子ちゃんも寂しいんですね
    時が来れば・・・
    なんて格好イイ事私には言えないか(;´∀`)
    だって、私も、実は鈴之助があちらの世界へ旅立って
    先日、百箇日だったんですね
    ブログでって思ったんですけど
    写真選びながら号泣してました(ノ∀`)
    その前にちょっと写真を加工してブログに載せたら
    やはり、ちょっと・・・
    ティティさん、こんなお馬鹿もいますから
    ゆっくりで大丈夫なんですよ
    無理しないでくださいね






  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. にゃんたま | URL | -

    なんといっていいのかしら?
    言葉が見つからない・・・
    ただただ涙があふれて。
    だけどね、ティティさん、愛する者の魂はいつも寄り添っていると言います。
    きっと、ニャン太郎君はそっとティティさんのそばにいます。
    ぬくもりに触れることができないのは寂しいよね。
    パティーを荼毘に付した時のことを思い出します。
    肉体が無くなってしまったと同時に、ぽっかり空いた穴。
    何をしてもなかなか埋められなくて・・・
    カオル子ちゃんもヒカル子ちゃんも、さみしいんでしょうね。
    あんな仲良しだったもの。

    無理をしないで、時の流れに任せて・・・
    ブログの訪問やコメントなんて気にしないで!ね。
    「わし、笑ってるティティが好き」
    にゃん太郎君、そう思ってると思うな。

  4. ほんなあほな | URL | -

    少しずつ、一歩ずつ、
    ゆっくり時間をかけて、寂しいという隙間すら、
    ご自身の中で、受け入れられていく事を、祈ります。

    旅立ちを迎える事だけは、
    生きとし生けるもの、全てにやってくること。
    そして、その旅立ちは、次の生への第一歩だと、
    私は、思います。

    今は、ニャン太郎さんが占めていた気持ちを、埋めるのではなく、
    カオル子ちゃん、ヒカル子ちゃんと共有共感しあって、支えあって欲しいな・・・と思います。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. ミータまま | URL | -

    ティティさん・・
    寂しい気持ちをブログで伝えてくれて
    良かったです。
    だって、寂しくて辛いに決まってるもの。
    ・・・・
    ・・・
    えー、我が家のまいちゃんを荼毘にふす時の事です。
    係の方からその方の経験を伺いました・・・
    家族猫ちゃんがいるお家で特にとても仲良く
    育ってきた仔がいるなら
    ・・・猫はとてもデリケートな神経をしているので
    残された仔を大事にしてあげて下さい。
    仲が良ければ良いほど残された仔が
    元気がなくなる事がよくあるんですよ。
    ・・・・
    今はとてもとてもお辛いでしょうが
    長生きしてくれてしっかり看取ってあげれましたからね
    おかあさん!
    元気出してお家の仔をいつもよりずっと
    声をかけてくださいねぇ
    と真剣に言われました。

    ああ~そうだ!!!
    辛いけどでも16年一緒にくっついていた
    ミータはもっと寂しいのかもしれないと
    心が折れてはいけないと思いました。

    上手くお伝えできなくてすみません(>_<)

    ゆっくりゆっくり
    涙が笑顔に変わりますように・・
    ティティ家には12年間のニャッちの
    気配が充満ですから!
    これからもティティさんはニャッちと
    いつも一緒ですよ~

  8. なかちゃん | URL | oG5YIuiY

    まだまだ淋しいですよね。
    私は未だにあの子を思うと涙してしまいます。
    無理なさらずに・・・

    残された子が淋しさのあまり病気になってしまう事があるので
    気をつけてあげて下さいね。
    (私は病気にさせてしまった事があるダメ母さんです)

    メール、ありがとうございました。

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. ぽっぽ | URL | cH3vJTn2

    アラームの設定

    消せないお気持ちよく分かります。
    2009年に天使ネコのフクさんとお別れしましたが、毎日3回、7時、12時、18時とフクさんの強制給餌をしていましたが、朝は無しで12:40と18:40にフクさんのご飯を忘れないようアラームをセットしていました。
    お別れしたすぐにはアラームの音が鳴るたび、悲しくて寂しくてしょうがなかったです。
    今ではエピさんのご飯の時間(1日2回の強制給餌)に利用しています。

    アラームの音を聞くたびに悲しくなるかもしれませんが、それでもその時々にニャン太郎くんの事を思い出して泣いても良いと思います。
    そのうちフッと、アラームの音に悲しく思う事は無くなり、むしろ、なんとなくニヤッとするようになるかも知れません。
    アッ、ニャン太郎くんの時間だ!って。

    そういえばシニアで年齢を重ねるほど、人間の機微、夫婦喧嘩をしたりすると心配にそうにしたりするそうですよ。
    我が家でも天使ねこがそうでしたし、フクさんの子ども(16歳ですが)でも、夫婦喧嘩をするとやはり心配しているみたい。

    あと一言だけ。
    ニャン太郎くんは幸せでしたよ。
    きっと言っています『ティティ母さんに出会えて良かった~』ってね。

  11. まあち | URL | -

    ティティさんに抱っこされてるニャン太郎くんのなんて可愛いらしいこと❤
    こんなに可愛い姿を見ると泣かないと決めた私ですら…

    30年以上前に実家で飼っていた仔の写真を見ると未だに、もう一度会いたくて涙が出る事があります。
    だからティティさん、まだまだ気持ちの整理がつかないですよね。
    寂しい日があり、ボーっとしたり、涙が止まらない時もあるでしょう、でもある時ふと笑えたり、だから無理しないで大丈夫。
    ティティさんのこれからの笑顔がニャン太郎くんの幸せですから。

    ティティさんに出会えたニャン太郎くん、ニャン太郎くんに出会えたティティさん、お二人は誰から見ても幸せです^^
    コメントを下さる方のお話、素敵な経験談ですね、ティティさんに寄り添うお気持ちは皆な一緒ですから!
    これもニャン太郎くんが結び付けてくれたんですもの。

  12. うなこ | URL | -

    すっごくわかる
    今は、今の気持ちに任せてゆっくりでいいと思う
    何年経ったって、寂しいと思う気持ちが無くなる訳ではないけど少しずつ元気にはなれる!!
    ゆっくりゆっくり行こう
    私もまだゆっくり行ってる途中なのだ

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. もこりん | URL | -

    なんて幸せそうなニャンちんのお顔・・・(*^ω^*)
    見ているこっちまで、思わずほんわか。
    そして、にやけてるティティさんのお顔が想像できる(*´艸`)
    ニャンちん、ほんとにティティさんのこと、大好きなのね~
    そのほんわかしたお顔を見ると、すごくそう思う。
    そんなニャンちん、だからこそ、頑張って生きてくれたんだろうな。
    ティティさんの傍に居たくって・・・!
    だから、絶対にはやーーく戻ってこようとしていると思うよ・・・ネ(*´ω`)ノ

    アラームは消さなくてもいいの、
    きっとそのうち、寂しさじゃなく、
    ニャンちんのことを想う機会になると思う・・・!

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. うららにゃん | URL | -

    アラーム、消せないですよね・・・
    私もきっとそうなったらずっと消せないと思います。
    でもアラームが鳴るたびに思い出してきっと涙してるんでしょうね・・・

    まだ猫を見送った事はないのですが、ティティさんの気持ちはほんの少しだけだけど分かる気がします。(失礼だったらごめんなさい)
    私も3月の震災で祖母と叔母を亡くした時は、悲しいのと寂しいのと一緒になってしばらく気持ちの整理がつきませんでした。
    あの時は、パソコンやブログなんて見たくなかったし、ニュース以外のTVや音楽も聞きたくありませんでした。
    でも耳障りで絶対見たくなかったバラエティ番組も、少し時間が経てば笑って見ている自分がいました。
    少しづつ少しづつ日常に慣れていくものなのですね・・・
    また普通の生活に戻っても、ふと思い出して涙することもまだあります。


    ティティさんにとって我が子同然のニャン太郎君。
    覚悟はしていても、この喪失感はどうしようもないですよね・・・

    ずっとティティさんと嬉しい時も悲しい時も一緒にいてくれたニャン太郎君。今もきっと天国からティティさんを見守ってますよ!
    ティティさんがTVを見て笑ってる時は、その笑顔にニャン太郎君もきっとうれしくなっているはずです。

    少しづつ、少しづつ、一歩一歩・・・
    ゆっくり少しづつ元気になっていってくださいね。


    カオル子ちゃん、心配ですね・・・
    涙するなんて・・・
    カオル子ちゃんもニャン太郎君がいなくて寂しいんだよね・・・。

    カオル子ちゃんもヒカル子ちゃんも早く元気になりますように・・・


  17. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事