スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気をもらえた話。

2010年11月15日 13:52



ただいま。病院、行ってきました。^^

通院の結果ー。

お薬(ダオニール)の量は変更はせず、今までの量で現状維持。

神経症状のガクブルズルズルは、どうにもならないそう。

そりゃーそうだ。だって、高血糖だもの~。

血糖値が下がり、安定してきてくれれば、この神経症状も緩和されるんだろうけど…

(そのために、ノニジュースを飲ませてます。)

20101115t1.jpg

お写真を見てもすぐにわかる禿げの進行っぷりも、どうにもならないらしくて。

毛を生えさせる事は出来ないけど、

皮膚を潤すスプレーがあるので、それを今日、シュシュッとやってもらい、

イイ感じなら、やってみましょう。って。

とりあえず、今日、シュシュッっとやってもらったので

2、3日、どんな具合が見て、良ければ、後日 そのお薬を買いに行くことに。


後、体重の減少が著しいので なんとかコレを食い止めよう。って言われたので、

ヤギミルクを飲ませても良いか、聞いてみました。

返事は もちろんオッケー。^^

実は、もう注文してしまっていたので、オッケーの返事がもらえて

自分のやってみよう!って、考えていることは間違ってない。って思えて、なんか安心しました。^^

高タンパク質のモノを与えて、なんとか、これ以上、痩せないようにね。って。

なにしろ、カリカリの量の増やすと、飲水量もしっこの回数も増えるもんだから。(-∀-;)

ヤギミルク飲んで、少しでも、体重アップにつながればイイナ。

(そんなに、大量にあげられないけど。それに、カロリー計算しなければ。。。)


20101115t2.jpg
(縦写真にすると、禿げが目立たなくなるの。^^)


今日、病院へ行って一番嬉しかったことは…。

以下、先生のお話。

「この間、東京へ出張で行ってきたんだけどさー、

ついでに、東京で開業している友人のところへも行ってきたのね。

そしたら、そこでも、23歳の老猫に糖尿病治療してる。って言うもんだから、

俺も!俺も!って。

で。その東京の先生も、僕と全く同じ治療していたんだよ。

二人で、やっぱり これしかないよな~。って話したんだよねー。^^」


ですって。(*^▽^*)

先生は、先生なりに、ニャン太郎くんへの治療法をいろいろ模索していたようで、

やっぱり、治療方法は間違っていない。と、確信できたみたいです。

しかもしかも!!!その猫ちゃん、相変わらず血糖値は安定していないようだけど、

その状態で かれこれ3年。だそう。(( ゚Д゚)スゲーーー!!!)

ニャン太郎くんと同じ年の、その見知らぬ猫ちゃんも、ダオニール(薬)を飲んで頑張ってる。

ものすごく嬉しかったです。

同じ年で、同じ治療を受けている子が 

他にもいた事に、なんだか勇気をもらった気持ちになりました。

きっと、同じ治療をしている子が他にも、もっといるはず。


頑張ろう。


そうそう。ちなみにその猫ちゃんは、もう腰から後ろ足にかけて、毛はないそうです。orz

ニャンちんは、上半身の毛がなくなりそうだけどね。(≧∀≦)

気にすることなかれ。毛がなくなっても 服がある!^^

歩けなくなったら、おむつがある!



※文中に出てくるノニジュース・ヤギミルクは、先生の相談した上で与えています。

 高齢で、インスリン治療が出来ないので 多少、考慮されています。

 このブログを見て、ご自身の判断で与えるのは危険です。

 与える前に、動物病院の先生に相談される事をお勧めします。



ニャン太郎くんの一日の飲水量やしっこの回数などは 裏ブログ にて見れます。

裏ブログ ⇒⇒⇒ 裏モフ

 
いつも ありがとうございます。

人気ブログランキングへ





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。